絵描きの心得

原画の値段のつけ方と価値の考え方

おしゃべりな画家、久遠青です。

最近、即売会系のイベントや作品の委託などをしてみて
気になったことがあります。

 

原画のお値段、安くないですか???

 

とくに100円均一で買える小さな額のミニ原画は
描き込みがすごく細かいのに500円くらいから販売されていることもあり
あまりの安さに驚くこともしばしば。。

ミニ原画は「お手頃価格で」という風潮もあり、
実際に値段をつけるのに困っている作家さんも多いようです。

 

そこで、今回は画家の久遠青がミニ原画の値段について本気で考えてみました!

 

購入しやすい値段とは

まず購入する方、お客さんはどれぐらいの価格であれば購入しやすいのか、
ツイッターでアンケートをとってみました。


みなさんのご協力により、2,315票も回答いただきました。
ありがとうございます!!

 

一般的には400サンプルあればアンケートの精度が高いとのこと。

今回2,000以上のサンプルが集まったということは
このアンケートの信憑性は結構高いのではないでしょうか…!

 

アンケート結果をまとめると、以下のとおりです。

金額 パーセント 人数
~1,500円 32% 741人
~2,500円 30% 694人
~3,500円 17% 394人
それ以上でもいい 21% 486人
合計 100% 2,315人

アンケート結果を見ると1,500円以下が32%と一番多くなっています。

Twitterは年齢層が低めで10代の利用者も多いので、
当然の結果かなと思います。

 

ミニ原画は本当に1,500円以下にするべき?

1,500円以下の希望が多いし
1,000円で販売しようかな?
決めんのはやっ!
そこはもうちょい考えよ!?

 

実際、1,500円以下がいい!と回答している人は32%いますね。
でもそのミニ原画、本当に1,000円で販売するべきでしょうか?

 

アンケート結果を見ると1,500円以下がいい!と回答している人は32%

ということは、あなたにたくさんのファンがいるなら
1,500円で確実に買ってくれる人は68%いるわけですね。

 

もちろん、価格設定は自由ですし
「みんなが手に取りやすい金額にしたい」
と考えて1,000円で販売するのは悪いことではありません。

しかし、もしあなたが

「こんなに安く売ってしまっていいのだろうか?」
「本当は自分の絵を手放したくない!」

と考えているのであれば、
もう少し価格設定について深く考えてみませんか?

 

実際に販売してみたらどうなる?

「私は安く販売したいんです!」
「とにかくたくさんの人に買ってもらいたいんです!」

という方は読まなくて大丈夫です(笑)

先程のアンケートの結果で、一番多い「~1,500円」以外にも
注目していただきたいところがあります。

それが「それ(3,500円)以上でもいい」21%です。

 

1,000円なら買う人 … 68%

あなたが描いた大切なミニ原画が10点描けたので
イベントで販売することにしました。
値段は1点につき1,000円です。

あなたのファンが「1,000円なら買えるかな…」と
7つのミニ原画が売れました。

ミニ原画の売上 … 7,000円

 

3,500円以上でも買う人 … 21人

あなたが描いた大切なミニ原画が10点描けたので
イベントで販売することにしました。
値段は1点につき3,500円です。

あなたのファンが「3,500円でも欲しい!」と
2つのミニ原画が売れました。

ミニ原画の売上 … 7,000円

 

その結果…

気づきましたでしょうか?

販売した数は5つも差があるのに、
売上は同じになってしまいましたね。

 

原画という1点モノの貴重さ


現在の日本では絵を描くことを仕事にするのは難しいと言われています。

実際に、ほかのお仕事をしながら絵を描かれている人も多いですし
逆にイラストレーターをされている方でも
ほかに副業をされている方もたくさんいるのが現状です。

だからこそ、価格について適当に決めてしまってはいけないと思います。


魅力のない作品は3,500円では売れないでしょう。

でもそれ、1,000円だと売れると思いますか?
1,000円でも売れなかったら、500円で販売するんでしょうか?

 


原画というのは大量生産ができません。
その作品は世界で1つの、とっても貴重なものです。

3,500円で売れなかった作品を500円で売るより
次の作品を3,500円で売れるように努力した方がいいと思いませんか?

 

もちろん、500円で売ることが悪いわけではありませんよ!

でも私なら、「安いから」と買ってくれる人に500円で売るより
もっと上手くなった作品を本当に大切にしてくれる人にお迎えしてもらいたいです。