SNS

「1ヶ月で150万円稼ぐ!」稼ぎまクルーに参加して思考が200%変わった話

こんにちは、久遠青です。

1ヶ月ほど前、プロ無職るってぃさんのツイートで
偶然 #稼ぎまクルー という1ヶ月限定のオンラインサロンを知り

「おもしろそう!」という勢いだけで参加しました←


1ヶ月間、稼ぎまクルーに参加した結果をここで報告したいと思います!

 

「#稼ぎまクルー」とは?


もともとは、プロ無職るってぃさん×ブロガーあんちゃさんのオンラインサロン
「ヤるサロン」の分科だそうです。
(ちなみに、私はヤるサロンには入っておりません~)

そして稼ぎまクルーは、ザックリ説明すると
今月150万円稼ごうぜ!」という企画型のサロンです。


「急に150万円稼ぐなんてできるわけないじゃん
」って思いませんか?
私はめっちゃ思いました(笑)

それでも参加したのは、るってぃさんのこのツイートを見たからです。

るってぃさんの「稼ぐと決めただけで価値だよ」の言葉で参加を決意しました!

1ヶ月を通して活動した今、
るってぃさんの言葉の意味がよくわかります。

 

150万円を目標に活動した結果は…


とにかく「150万円稼ぐぞ!」と燃えて行動しまくった1ヶ月でした。
結果は以下の通りです。


<内訳>

・会社員月給 17万4,292円
・出張手当 5万円
・イラスト依頼 1,500円
・polca(7人) 3,500円
・クリエイター交流会(2,000円×3人) 6,000円
・有料note(980円×4人) 3,920円

計 239,212円


126万円 未達…

いや、まあそうなりますよね、ハイ。

結果は24万円、達成率は16%でした。150万円には到底及ばず。
まぁ、今まで会社員やってただけの人間が1ヶ月で150万円は冷静に考えて無茶ですよね。

ただ、金額として150万円が達成できなかったのは悔しいですが
今までの「会社員として勝手に入金される給料」以外の収入をつくれたことは
それだけで自分にとって価値のあることだったと思います。

 

実際にどんな活動をしていたのか?


もともと画家活動による収入はゼロに等しく
本業は普通の会社員で、月給は手取り20万円弱でした。

そんな状態から参加したので
さすがに本気で月150万円稼げるとは思っていなかったのですが(ここだけの話)
目標金額に少しでも近付けるため、6月はいろいろチャレンジしてみました。

<チャレンジしたこと>

・polcaで投げ銭(リターンはイラスト)
・有料noteで稼ぎまクルーの活動や実績を公開
・オーダーイラストの受注
・グッズ通販
・画家として営業活動


今まで何もしていなかったので本業以外には継続的なお仕事がなく
すべてイチからの営業活動でした。
営業してみて、6月の収益としては小額でしたが7月以降に繋がったお仕事も!

また、今までチャレンジできずにいた
polcaでの投げ銭や既存のグッズ通販を始めたりしました。

稼ぎまクルーでのもっと細かな活動内容はnoteにまとめてあります。(有料\980)

稼いだ金額は少ないですが、こうしていろんなことにチャレンジできたのは
月150万円を目指してがむしゃらに行動したからですね。

 

1ヶ月間、本気で行動してみて


活動してみてわかったのは、
「150万稼げたかどうか」は実はそこまで重要じゃないということ。

実際、私は稼ぎまクルーに参加したことで思考が200%変わりました!


私は自他認めるフットワーク軽いマンだったのですが
それでも、こんなにたくさんの「できない理由」を自分で勝手につくって
チャレンジできていなかったという事実に、自分で驚きました!


それって稼ぎまクルーに参加しなければ気付かなかったことだし、
今回チャレンジしたpolcaでの投げ銭や有料noteなんて
無意識にチャレンジを怖がったり、めんどくさがって一生やらなかったことかもしれない。

それに気付けただけで、本当に価値のあることだったと思います。
最初にも書いた「稼ぐと決めただけで価値」は本当にその通りだと思いました。

 

というわけで、フリーランスになると決めて4ヶ月経ちましたが
今回の稼ぎまクルーに参加したことでいろんな気付きを得ることができました。

それに、実際に絵でお仕事をもらえたのは自信に繋がってよかったなと思っています。


今の生活スタイルで「毎月150万円」を目標にするのは正直、
気力も体力もかなり無理があるのですけど
今回の事で今までよりも高い目標を持って積極的に行動できる思考になったと思います。

絵描きとして活動する上ではもっと実績を積んでいかなければならないですし
高い目標を持って、もっと積極的に活動していこうと思います。

どんどん経験値を積んで実績にしていけるように、これからもがんばります!