ライフ

「1000個捨てチャレンジ」で徹底して断捨離に取り組む

先日「1000個捨てチャレンジ」について書きました。

はじめて約2週間。
1週間ほどで手放したものが100個を超えました。

ひとまず100個を超えたので、どういうものを減らしたか、記録しておこうと思います。

 

1000個捨てチャレンジのルール

「1000個捨てチャレンジ」とは、家にある物を1000個捨てるという単純なチャレンジです。

やり方は自由ですが、私は簡単にルールを設定しました。
ある程度ルール決めしないと、いつまでも終わりそうにないので。

①期限は1年間(一日3個を捨てればいいペース)

②自分が1個と思ったら1個でカウント

③メルマガ登録を解除、会員退会などのデータも1件とする

以上のように設定。
過去に何度か断捨離しているので、ゆるめのルールにしています。

家が散らかっている方は、明らかなゴミや不用品から捨ててもいいと思います。

私は何度か不用品を処分するのを繰り返しているので、デジタル関連なども対象に。
あまり手を付けていなかったところをミニマルにするつもりです。

ハードルを下げて、「1000個捨て」の達成を目標に頑張りたいと思います。

 

実際に捨てたもの

すでに「1000個捨て」をはじめて2週間ほど経っています。
この2週間で捨てたものを一部、理由と一緒に紹介したいと思います。

 

ニット 2着

手入れをしながら2~3年着ていたのですが、毛玉がひどくなって気になっていました。
ちょうど妹からのおさがりでニットをもらったので、傷んだニットは手放しました。

もこもこ白パーカー

以前持っていて捨てたものの、後悔して買い直したものでした。
買い直したのですが、今期はほどんど出番が無く…
ニットを妹からもらって服が充実したため、手放しました。

漫画 9冊

何度も読み返している漫画でしたが、もう手放していいかなと思って。
年齢を重ねたり生活が変わったことで、心境の変化があったのかもしれません。
最後にもう一度読んで、手放しました。
もしまた読みたいと思ったら電子書籍で買おうと思います。

31アイスクリームクラブの会員退会

昔はよく食べていた31アイスクリーム。
年齢を重ねて、体を冷やさないように、とアイスを食べる機会が減りました。
近所に31の店舗もなく、稀に食べるアイスはスーパーやコンビニで買うことがほとんどなので退会しました。

楽天、yahooなどのメルマガ配信停止

楽天やyahooなどに登録すると、自動で十数件もメルマガに登録されるようです。
何度も配信停止の処理をしているのに…と思っていましたが、そういうカラクリだったみたい。
〇〇ポイントカード、〇〇ニュース、〇〇ショッピング…etc.
全部調べて、まとめて配信停止の処理をしました。

キャラクターグッズ、ビジネス書など

飾ったり保管していた缶バッジやキーホルダー、読み終わった本など。
傷んでいるものは処分、新品や綺麗なものは期間を決めてメルカリで販売しています。
期間を決めてメルカリに出品しているので、そのまま売れなければ処分します。
売れたらノートに処分したものとして記録しています。

 

1000個捨てで自分の過去を振り返る

1000個って、意外と多いですね。
とくに今までに断捨離したことのある人とか、一人暮らしで部屋が狭い人は、わざわざ捨てるものを探さないと1000個って難しいのではないかと思います。私のことです。

ただ、そのおかげで今まで「使わないけどもったいないし…」「飾りたいけど悩む…」と思っていたものに取り掛かることができました。

どんどん手放しているうちに
「これら(これから捨てるものも含めて)を買うために、いくら使ったんだろう」
って、しょっちゅうへこんだりもしましたが(笑)

それでも、使っていないものが手元から離れて心底ホッとしました。

部屋も心なしか広くなり、今後は無暗に買わないぞ…と心に誓いました。
まぁ、まだ1000個捨てている途中ですが。

 

【追記】そのほか、手放したものたち

そのほか、処分したものを関連記事として紹介します。
チャレンジが終わるまで、記事は少しずつ増えていく予定です。

愛着あるものを手放した話▷絵日記を描くことで今まで手放せなかったものを手放せた話

裁縫道具を間引き▷趣味の裁縫道具、ダブったものを減らすこと

 

筆子さんのブログ、いつも読んでます

 

「1000個捨て」は筆子さんのブログを読んで、チャレンジを決めました。

ミニマリスト筆子さんの著書「1週間で8割捨てる技術」
じつは、本はまだ読んでなくて気になっています。
今の積読が解消されたら購入しようと思っていますが、読んだことがある方はぜひ感想教えてください*

筆子さんのブログはこちら▷筆子ジャーナル

筆子さんの捨て方って理論的というか、バサッと切り捨てていく感じというか。
捨て方や必要不必要の判断がはっきりしていて、とても好きです。

「それ、本当に必要ですか?」
「使わないのだから不用品です」

というような、筆子さんのはっきりした言葉が刺さります。
ショックやダメージもそれなりに大きいですが…
迷っている人にはいい指針になるかもしれません。