ライフ

アイロン掛けが簡単&楽になるワイシャツの選び方

毎日の家事、できるだけさっさと終わらせたいですよね?
私も会社員とイラストレーター、二足の草鞋なので、家事は時短を心がけています。

青さん、じつはクリーニング師という国家資格を持っています。
今回はプロの目線から、アイロン掛けが楽になる方法を2回に分けてご紹介します。
第1回目はアイロン掛けが楽になるワイシャツの選び方です。

じつはワイシャツの選び方をちょっと気を付けるだけで、アイロン掛けのストレスと時間の半分は無くなります。
ワイシャツ以外にも使える知識なので、ぜひ次回の服選びの参考にしてください。

形状記憶シャツを選ぶ

最近はいろんなメーカーで形状記憶シャツが作られています。
形状記憶シャツとは、シワができにくいように加工されたシャツのことです。
ノンアイロンシャツとか形態安定シャツとも言われています。

形状記憶シャツは着用したり洗ってもほとんどシワになりません。
その中でも形状安定性(W&W性)が表記してある商品では、一番安定性の高い5.0級は洗濯後に干すだけでOKです。
完全なノンアイロンで着用することが可能です。

↑これ、どちらもノンアイロンシャツです。(Amazonに飛びます)

ただし、形状記憶シャツでも着用・洗濯を繰り返すことで安定性は失われていくので、後々アイロンがけが必要になることはあります。

シワになりにくい素材を選ぶ

形状記憶でなくても、素材によってシワになりやすいものとシワになりにくいものがあります。

とくに気を付けたいのが綿100%の服。綿はかなりシワになりやすいです。
最近は綿100%のワイシャツは減ってきてはいるものの、綿の割合が多い服も注意です。
綿80%などの服もシワになりやすいです。

服の内側のタグだけじゃなく、値段などが書かれている紙のタグにも素材が載ってることが多いので、お店ではそちらをチェックしてみてください。

逆にシワになりにくい素材はポリエステルやナイロン、ウールなど。
ポリエステルやナイロンは化学繊維ですが、ウールは天然繊維です。
化学繊維が気になる方はウールの服を選ぶと、天然繊維でシワもつきにくいですよ。

プリーツを確認する

ワイシャツの背中にあるヒダをプリーツと言います。

このプリーツは肩回りなどの運動を補助するために必要なのですが、正直このプリーツがあるせいでアイロンがめんどくさいです。(怒)

とはいえ、こればっかりはアイロンが面倒でも必要なもの。
プリーツがあるのは仕方ないので、特にこだわりがなければアイロンをしやすい方を選びましょう。
これは好みがあるかもしれませんが、私はセンターボックスの方がアイロンしやすいです。

プリーツとは違いますが、最近のスリムなスタイルのシャツにはウエストを絞るためにバックダーツ(つまみ縫い)を入れているものがあります。

これは背面にシワがよりやすく、アイロンがとてもしづらいです。
アイロンがけの面からはオススメしません。。
細身の方にはフィットするシャツで、シルエットはキレイになるんですけどね。

***

日本では会社にお勤めしていると、今でもワイシャツを着る人が多いと思います。
会社員の男性はもちろん、就活中は男女ともにリクルートスーツを着ますね。

クリーニング屋さんにお任せしてしまうのもアリですが、日常的に着用するならできるだけお金も節約したいところです。

今まで気にしたことがなかった方は、購入前にタグの表示を確認してみてください。
購入するときにちょっと気を付けるだけで、それ以降ずっとラクになりますよ。