ライフ

ミニマリスト愛用の長財布を紹介します

ミニマリストの持ち物を紹介。
今回は私が大大大好きなお財布を紹介します。

というのも私、持ち物の中でも特に財布には強いこだわりがあります。
デザインも使い勝手も、妥協できないタチなのです。
今愛用しているお財布は、そんな私が何年も探してこだわり抜いた愛用品。

今回は2つ持っているお財布のうち、長財布についてご紹介します。

サマンサタバサの長財布

普段使いしている長財布です。

2017年にサマンサタバサで購入しました。
たぶん、大阪駅前のルクアに入っているサマンサタバサのストアで買ったと思います。

当時、ディズニー映画で実写版の「美女と野獣」が公開になっていました。
サマンサタバサは一年中ディズニーとのコラボ商品をどんどん販売していますが、この財布は実写版「美女と野獣」とのコラボデザインです。

値段はたしか、18,000円くらい。
今まで買った財布の中では2番目に高いものです。

外観

サイズは18.5cm9.5×cm、厚みは1cmちょいくらい。薄手の長財布です。
色はきれいな青で、野獣の服の色を模しています。

じつは当時、同じデザインでベルのドレス色の黄色い財布も販売されていました。
ベルが黄色のドレス、野獣が青いタキシードを着てダンスをする場面は有名ですね。

財布の裏面にはそのダンスシーンの型押しが。

表には「美女と野獣」モチーフに小さなバラのチャームがついています。
(もうベルト部分がボロボロですが)

「美女と野獣」要素いっぱいのお財布です。
オタクにはうれしいデザイン。

中の仕様

写真の下側には、お札が入るところが1か所と、チャック付きのポケットが1か所あります。

お札の入るポケットには、お札とレシートをいっしょに収納しています。
チャック付きのポケットには小銭を入れています。

反対側にはカード入れが6か所。
普段は3~4枚のカードを入れています。

カードポケットの奥にお札の入るサイズの薄いポケットもあります。
タイトすぎて出し入れがしづらいので、普段はお守りのみ入れています。
ごくまれに、カードを入れているときもあります。

財布自体が薄いので、中身もシンプルです。

この財布の良いところ

とにかく薄く、かさ張らないのがお気に入りポイントです。

もともとがスリムなので、レシートや小銭がいっぱいになると形が崩れるので、早めに財布の中を整理するのが癖になりました。

この財布、デザインも大好きです。

色は綺麗な青色。
今までも度々、青い財布を使っていたのですが、こういう綺麗な青色の財布を買ったのははじめてでした。

デザインはシンプルだけど、こっそりディズニー要素が入っているのも好きなところ。
どこでも持ち歩ける主張しすぎないオタクグッズは最強です。

ポーチの中身もオタクグッズばかりですが、オタクグッズは持ってるだけでテンション上がります。
ミニマリストのポーチの中身。持ち歩いているのは6点。

ちょっと不便なところ

この財布はものすごく気に入っているので、あまり不満はありません。

あえて言うなら、チャック付きのポケットが薄いので、小銭がちょっと取り出しにくいですね。
小銭が増えると厚みがぷっくり出るのも気になります。

ただ、普段はクレジットやpaypayを使うことが増えているし、小銭はマメに貯金箱に入れているので、そんなに気にしていません。

***

昔、雑誌の特集か何かで風水についての記事を見て
「折り曲げないほうがお札がのびのび過ごせるので、長財布の方がお金が貯まる」
と書いてあったのをみて、それからは長財布をメインに使っています。

まあ、長財布を使ってたからといって、お金が貯まることはなかったですが。

今は風水とかはあまり気にせず、ただとても気に入って使っています。

この財布は限定品なのでもう手に入らないのですが、昨年同じ型の財布を探してショップに行きました。
ですがサマンサタバサの店員さんに聞いたところ、もうこの型の財布自体がほとんど作られていないそうです。

同じ型の財布に買換えができないので、もう4年使っていてボロボロですが、まだしばらく大切に使っていきたいです。